記事一覧

Raspberry PiのpythonでLチカ(GPIO)

Raspberry PiのpythonでLチカ(GPIO)



こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。

前回はRaspberry Piでのpythonの基本的な使い方を書きました。
前回の記事はこちらを参照してください

今回はGPIOをコントロールしてLチカをやってみます。

pythongpio00.png

結線図
各GPIOのピン配置は下図のようになっています。

WiringPi13.png

結線図はCで書いた時と同じです。

WiringPi14.png

Cで書いたLチカの記事はこちらを参照してください。

RPi.GPIO
どうやらjessieではインストール済みのようです。必要ならインストールをしてください。

sudo apt-get install python-rpi.gpio

スクリプト

import RPi.GPIO as GPIO
import time

GPIO.setmode(GPIO.BCM)

GPIO.setup(4, GPIO.OUT) #GPIO4

for x in range(10):
GPIO.output(4, True)
time.sleep(0.5)
GPIO.output(4, False)
time.sleep(0.5)

GPIO.cleanup()


説明
RPi.GPIOをインポートします。以降はGPIOとして使用するためにas GPIOと記載します。
import RPi.GPIO as GPIO

time.sleep( X) (X秒停止)を使用するのでtimeをインポート

まずはピン番号の指定方法を設定します。
GPIO.BOARD :PIN番号で指定
GPIO.BCM :GPIO番号で指定

今回はGPIO番号で指定します。
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO4をLEDを点灯させる出力端子としたいので以下を設定
GPIO.setup(4,GPIO.OUT)

For文のループの中でGPIO4を出力と停止で繰り返します。
For x in rage(10):
は10回繰り返します。という意味

GPIO.output(4,True) GPIO4を出力
time.sleep(0.5) 0.5秒待つ
GPIO.output(4,Fales) GPIO4を停止
time.sleep(0.5) 0.5秒待つ

終了したらGPIO.cleanup()で解放

結果



LEDがチカチカしました。
当然ですがCで書いたものと区別はつきません。

確かにコードを見るとCのコードより単純そう
やってることはほとんど同じですが、{ }でくくったりしないとか
for文も簡単に描けるように配慮されているためと思います。

次回はスイッチを押してLEDを点灯させたいと思います。

それでは今回はこの辺で失礼します!ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/