記事一覧

TI-84 Plus C Silver Edition にGame PacManを入れてみた。

TI-84 Plus C Silver Edition にGame PacManを入れてみた。



こんにちはRoboTakaoです。

先日TI-84 Plus C Silver Editionという関数電卓をもらったという投稿を書いたのですが、
ゲーム(パックマン)を入れてみたいと思います。

TI84plusC24.png

この関数電卓では日本ではあまり使われていないように思います。
日本語のドキュメントもあまりありません。
でもアメリカや海外では教育用としてかなり使われているようです。

TI84plusC01.jpg

基本的な機能としては関数電卓でグラフを書くことができます。
さらに、BASICでプログラミングできたり、アプリを入れることができるという高機能

そこで、やはりモチベーションとしてはアプリを入れてみようということにしました。
教育用ということだからかMac用のソフトも準備されているのでありがたいです。

基本的な使い方に関しては英語のマニュアルがあります。
ここからダウンロードできます。

TI84plusC00.png

そこら辺はまた別の機会に勉強したいと思います。

ゲームインストールまでの流れ

1)TIConnectCEのインストール
2)Doors CSE 8.2のインストール
3)ゲームのインストール

TIConnectCEのインストール

Texas Instrumentsのサイトにアクセスします。

TI84plusC02.png

TIConnectCEはOSごとに準備されています。

ここからダウンロードできます。

TI84plusC03.png

備考)TI Connectといソフトがありますが、今回はTI Connect CEをインストールします。

TI84plusC04.png

インストールはTI Connect CEをアプリケーションフォルダにドラックしてコピーするだけです。

TI84plusC05.png

TI Connect CEを起動してTI-84をUSBで接続すると認識してくれます。

TI84plusC07.png

Doors CSE 8.2のインストール

Doors CSE 8.2はラウンチャーのようなものです。

ここからダウンロードできます。

TI84plusC08.png

中央のDownload Doors CSE 8.2をクリックします。

TI84plusC09.png

Doors CSE 8,2のページが現れるのでFilename dcse8.zipをダウンロードします。

Zipファイルを展開するとマニュアルと本体が入っています。

TI84plusC10.png

TI Connect CEでこのファイルを開いてTI-84に転送します。

TI84plusC11.png

TI84plusC12.png

TI84plusC13.png

とりあえず一回Doors CSEを開いてみます。

TI-84のAPPSボタンを押します。

TI84plusC14.jpg

DoorsCSEを選択

TI84plusC15.png

画面が開きました。

TI84plusC16.jpeg

ゲームのインストール

https://www.cemetech.netにアクセスします。

TI84plusC17.png

TI-84 Plus C Silver Editionのゲームが入っている場所に行きます。
今回はPacManをダウンロードしてみます。

TI84plusC18.png

PacMan.8ckとDXSE IconフォルダにあるPacMan.8xpを転送します。

TI84plusC19.png

TI84plusC20.png

Doors CSEを起動すると、画面にPacManがインストールできていることがわかります。

TI84plusC21.jpg

さて起動してみましょう。

PacManの起動

TI84plusC22.jpg



思ったよりしっかりゲームができます!

それではこの辺で失礼します。
ありがとうございました。


スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/

スポンサーリンク