記事一覧

M5Stackで二足歩行ロボットを作る。ユニバーサル基板を設計した。

M5Stackで二足歩行ロボットを作る。ユニバーサル基板を設計した。


Make a biped walking robot with M5Stack. I designed a universal board.



こんにちはRoboTakaoです。
Hello everyone! I'm RoboTakao!

以前の投稿でM5Stackで作る二足歩行ロボットをFusion360を使って設計中であることを紹介してきました。
In a previous post, I mentioned that I was designing a biped walking robot made with M5Stack using Fusion 360.

今回はM5Stack用のサーボモジュールをPROTOパッケージのユニバーサル基板で作ることにしました。
In this case I decided to make the servo module for M5Stack with the Universal board of PROTO package.

NX10_25.png

基本的な仕様
・6個のサーボを駆動
・電源はサーボ駆動用のバッテリから作る。
  電源は前回までに迷っていましたが、5Vと3.3Vの両方のレギュレータを載せることにしました。
・PCA9685に接続するためにI2Cを接続できるようにする。
・ACコンバータ用のポートを二つ接続可能にする。
・デジタル入出力を二つ接続可能にする。

Basic Specification
・Drive six servos
・The power supply is made from a battery for servo drive.
 Although the power supply was under consideration up to the previous time, I decided to put both 5 V and 3.3 V regulators.
・Enable to connect I2C to connect to PCA9685.
・It is possible to connect two ports for AC converter.
・Make it possible to connect two digital inputs and outputs.

注意点
 GPIOはSPI関連を使うとLCDとかち合うのでG18,G19,G23は使用しない。
 またスピーカーとかち合うのでG25,G26は使用しない。
 TX,RXとかち合うのでG3,G1は使用しない。

Important point
 Since GPIO conflicts with LCD when using SPI related, do not use G18, G19, G23.
 Since it conflicts with the speaker, do not use G25, G26.
 Since it conflicts with TX and RX, G3 and G1 are not used.

結線図 Connection diagram

NX10_22_1.png

ユニバーサル基板上の配線 Wiring on the universal board
誤記訂正 Correction of mistakes
I2Cのピンが逆になっていました。修正します。(2019.1.4)
The I2C pins were reversed. to correct. (2019.1.4)

NX10_23_1.png

Fusion360のモデル Model of Fusion360

NX10_24.png

NX10_25.png

次回は実際に半田付けしてテストしたいと思います。
Next time I would like to test by actually soldering.

それではこの辺で失礼します。
Thank you! Good-bye!



スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/

スポンサーリンク