記事一覧

M5StickCでBlynkを試してみた(Lチカ)

M5StickCでBlynkを試してみた(Lチカ)



今日は、RoboTakaoです。

今回はM5StickCでBlynkを使ってみました。

BlynkはiOSやAndroid向けのIOTアプリです。
私もロボットのコントール用にiOS用の専用アプリを作ってみましたが、かなり苦労したものです。
でもこのアプリを使ったら簡単にM5StickCや様々なデバイスとWiFiやBLEなどを使って接続できます。

今回は、まずお試しということで基本的な手順をメモしておきます。

今回の目標

iPhoneからM5StickCにBLEで接続してM5StickC内蔵のLEDを点灯させる。

Blynk13.png

Blynkの公式サイト
https://blynk.io

ライブラリのインストール

まずはArduino IDEでBlynkのライブラリーをインストール。

Blynk01.png

BLEのサンプルスケッチを開いてみる。

Blynk02.png

今回はLEDを点灯するため、M5StickCでLEDを点灯するスケッチに変更する。
スケッチは後述します。

Blynkアプリのインストール

まずはAppStoreからBlynkのアプリをインストール

Blynk04.png

アカウントを作る。

Blynk05.png

プロジェクトの作成

New Projectで新しいプロジェクトを作成する

Blynk06.png

Blynk07.png

クリエイトするとAuth Tokenがメールで送られてくるので
スケッチに書き込む


空のプロジェクトに部品を配置する。

何も無い黒い部分をタップ

Blynk14.png

部品を選択する。

今回はボタンです。

Blynk08.png

Blynk09.png

ボタンの設定

ボタンをタップして

OUTPUTをV0
MODEはSWITCH

Blynk11.png

Bluetoothを配置

Blynk15.png

Blynk16.png

Bluetoothのアイコンをタップして設定する。

Connect BLE Deviceをタップ

スケッチに書き込んだデバイス名を選択する。

Blynk17.png

Blynk10.png

プロジェクトの起動

右上の再生ボタンを押してプロジェクトを起動する。

Blynk16.png


LED点灯

ボタンを押してLEDが点灯するか確認。

うまく行きました。



それではこの辺で失礼します。
ありがとうございました。



サンプルスケッチ


#define BLYNK_PRINT Serial

#define BLYNK_USE_DIRECT_CONNECT

#include <M5StickC.h> //追加部分
#include <BlynkSimpleEsp32_BLE.h>
#include <BLEDevice.h>
#include <BLEServer.h>

// You should get Auth Token in the Blynk App.
// Go to the Project Settings (nut icon).
char auth[] = "BKoSvP4805UXErhuITO0K1rMFsb8hr9d"; //Auth Tokenをここに書き込む

void setup()
{
M5.begin(); //追加部分
M5.Lcd.println("Blynk"); //追加部分
M5.Lcd.print("LED BLE TEST"); //追加部分

pinMode(GPIO_NUM_10, OUTPUT); //追加部分
digitalWrite(GPIO_NUM_10, HIGH); //追加部分

// Debug console
Serial.begin(9600);

Serial.println("Waiting for connections...");

Blynk.setDeviceName("M5StickC_LED_Blynk");

Blynk.begin(auth);

}

void loop()
{
Blynk.run();
}

//追加部分
BLYNK_WRITE(V0) {
int16_t LED = param[0].asInt();

if(LED == 0){
digitalWrite(GPIO_NUM_10, HIGH);
}
if(LED == 1){
digitalWrite(GPIO_NUM_10, LOW);
}
}

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/

スポンサーリンク