記事一覧

Raspberry Pi Zero W を使おう

こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。
Hello everyone! I'm Robo Takao. Welcome to "low cost robot building blog"


先日スイッチサイエンスさんから買ったRaspverry Pi Zero Wを使えるようにします。

ras00.jpg


通常はディスプレイやキーボードそして電源を付けて作業しますが
滅多に使わないminiHDMIコネクタやmicroUSB変換コネクタ買うのなんなので
全部なしでやってみます。

幸いにもRaspberryPiZeroWはOTGモードがあるのでそれでPCとはUSB1本のみで
インストールしていきます。

手順
公式サイトからRaspberryPi用のOSをダウンロード

イメージファイルをMacでmicroSDカードに書き込みます。

microSDの中でOTGの設定をする。

USBを接続してRaspberryPiZeroWを起動

SSHでMacのターミナルからリモート接続して操作

1)RaspberryPi用のOSを公式サイトからダウンロード
今回はRASPBIAN JESSIE WITH DESKTOPをダウンロード

ras01.png

2)microSDをMacに挿入して、MS-DOS(FAT)形式でフォーマット
(方式:マスター・ブート・レコード)
ras02.png
ras03.png

3)コマンドラインでパーティションを確認
ターミナルを起動して
diskutil list と打ち込み 
SDカードのドライブを確認する。今回はdisk1

ras04.png

4)一旦はディスクをアンマウント
sudo diskutil unmoutDisk /dev/disk1

ras05.png

5)ddコマンドでSDカードにコピー
sudo dd bs=1m if=2017-07-05-raspbian-jessie.img of=/dev/rdisk1

ras045.png

6)OTGの設定
1 bootディレクトリー内の以下のファイルを修正
config.txt 内の最後の行に dtoverlay=dwc2 を追加

ras06.png

codlin.txt 内の rootwait と quiet の間に半角スペース区切りで下記を挿入
modules-load=dwc2,g_ether

ras07.png

最後にSSHの設定です。
デフォルトではSSHは起動しないので起動するようにする。(SSHという名前のファイルを置く)

ras08.png

7)まずはUSBケーブルを接続する。
しばらくLEDが点滅する。

ras091.jpg

8)ssh pi@raspberrypi.local と打ち込み
初期パスワードはraspberry

ras09.png
これで起動完了です。

9)おまけでrasps-config起動

ras10.png

ras11.png

10)終了は下記
sudo shutdown -h now

ras12.png

それでは今回はこの辺で失礼します!ありがとうございました。
Thank you for your visiting!

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/

最新コメント

スポンサーリンク