記事一覧

Raspberry PiのpythonでLチカ(GPIO)

Raspberry PiのpythonでLチカ(GPIO)こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。前回はRaspberry Piでのpythonの基本的な使い方を書きました。前回の記事はこちらを参照してください今回はGPIOをコントロールしてLチカをやってみます。結線図各GPIOのピン配置は下図のようになっています。結線図はCで書いた時と同じです。Cで書いたLチカの記事はこちらを参照してください...

続きを読む

Raspberry Piでpythonを使ってみる。

Raspberry Piでpythonを使ってみる。こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。Raspberry PiでGPIOとかをネットで検索するとpythonのコードもよく出てきます。恥ずかしながら一度もpythonを使ったことがなかったので、ちょっと初めてみました。pythonネットで調べてみるとPythonは他のプログラミング言語と比べるとクリーンで読みやすい言語のようです。インタープリンタ...

続きを読む

IREX 国際ロボット展2017に行ってきました。

IREX 国際ロボット展2017に行ってきました。こんにちはRoboTakaoです。先日国際ロボット展(IREX international robot exhibition)に行ってきました。最近のトレンドとしてはロボットと人間の協調作業つまりぶつかっても停止したり痛くないというものとパワーアシストスーツが流行りですね。それはそれとして幾つか動画を撮ったので紹介します。KAWADA弁当詰めロボットFANUCNACHIそれでは今回はこの辺で失礼します。...

続きを読む

MacからRaspberry Pi をリモートデスクトップ(Microsft Remote Desktop)経由で接続した場合のキーボード設定

MacからRaspberry Pi をリモートデスクトップ(Microsft Remote Desktop)経由で接続した場合のキーボード設定こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。今回は完全に自分の備忘録です。以前Raspberry Pi Zero WをMacからリモートでコントロールするためにXrdpとMicrosoft Remote Desktopを使って接続したことを説明しました。過去の記事はこちらを参照してください。どう...

続きを読む

Raspberry Pi Zero W でPWMでLチカ(GPOIをWiringPiでコントロール)

Raspberry Pi Zero W でPWMでLチカ(GPOIをWiringPiでコントロール)こんにちはRoboTakaoです。ようこそ「極力ローコスト ロボット製作 ブログ」にお越しくださいました。前々回はWirinPiでGPIOコントロールしてLチカをしました。前々回の記事はこちらを参照してください。前回はボタンを押すとLEDを点灯させてみました。前回の記事はこちらを参照してください。今回はPWMを使って徐々にLEDを光らせて、徐々にLEDを消すようにして...

続きを読む

プロフィール

RoboTakao

Author:RoboTakao
みなさんご訪問ありがとうございます。ロボット作りたいけどお小遣いそんなにないし、簡単でローコストでロボットを作るための私のプロジェクトを紹介します。

ウェブサイトもありますのでそちらもよろしくお願いします。
http://robotakao.jp/

最新コメント

スポンサーリンク